不妊治療にもホルモン剤は使われています

女性は、男性よりも特にホルモンの影響を受けやすいと言われています。女性ホルモンは体の中で良い働きをしてくれるものですが、不調や情緒不安定などを引き起こすこともあります。

女性の健康とホルモンのバランスにはとても深いかかわりがあるので、ホルモン剤は、様々な場面で使用されています。それは、ホルモンのバランスを整えることが、女性の本来の健康と美しさを保つ一番の近道だからです。

最近、不妊治療を頑張っている女性が増えていますよね。ホルモン剤は不妊治療にも広く使われています。ホルモン剤が女性と妊娠にどのような影響を与えるのか、詳しく紹介していきたいと思います。

そもそもホルモン剤ってなに?

tdyjyd
女性の健康のために使用されるホルモン剤は、女性ホルモン剤とよばれ、婦人科系の治療の際に広く使われています。女性ホルモンには2種類があって、卵胞ホルモンエストロゲンと、黄体ホルモンプロゲステロンがあります。
どちらも女性にとっては大切なホルモンで、バランスよく分泌されていないと、健康と美容によくありません。女性の美しさや、体の健康、心の健康にもホルモンバランスはとても大切ですが、妊娠にも深くかかわっています。
エストロゲンは卵胞と子宮内膜を成長させて、正しく排卵できるように促すホルモン。プロゲステロンは子宮内膜の厚みを維持して着床しやすくしてくれるホルモンです。どちらも、妊娠するためには必要不可欠というわけです。

ホルモン剤を使った不妊治療

tjdy
ホルモン剤を使った不妊治療にはいろいろな種類のものがあります。もちろん不妊治療だけでなく、女性特有の疾患の場合には治療に女性ホルモン剤が使われることが多いのですが、2種類の女性ホルモンはそれぞれに働きが違うので、どんな目的で使うかによって使用するホルモン剤が異なります。
例えば、妊娠するためにはまず、女性の月のリズムを整える必要がありますよね。そのためには、月経不順を解消しなければなりません。月経不順を解消するためには、エストロゲンとプロゲステロンが両方配合されているピルを使用することが多いです。月経不順が治って来たら、ピルを飲むのを辞めて、自然に月のリズムが整うようにします。
不妊の大きな原因の一つと考えられている排卵障害の場合は、排卵誘発剤が使用されます。排卵をホルモン剤をつかって誘発する治療方法です。着床するのが難しい着床障害の場合は、プロゲステロンを増やして着床しやすくします。
このように、色々な意図で、使うホルモン剤を選び、不妊治療に役立てているのです。

副作用はあるの?

ホルモン剤には副作用が少なからずあると言われています。効果が大きい分、副作用は覚悟しておいた方が良いかも知れませんね。
ホルモン剤を使用したことによる副作用は、下痢や吐き気、頭痛などの体調不良が主です。中にはむくみが出たり、発疹が出たり、初ネルすることもあるようです。
副作用が強く出た場合は、対処法として漢方を飲むなどができるので、我慢せずに病院に相談するようにしましょう。

不妊治療に役立つホルモン剤

ホルモン剤は、医師の指導のもと、上手に利用することで不妊治療にホルモン剤を役立てることができます。もちろん、副作用などのリスクはありますし、費用もかかりますから、ホルモン剤による治療を行うかどうかはじっくり考える必要がありますね。
安心して、使用するためにも、信頼できる病院を見つけて丁寧に説明を受けてから、投与してもらえるようにしましょう。

新着情報

◆2016/11/09
不妊治療にもホルモン剤は使われていますの情報を更新しました。
◆2016/10/21
女性ホルモン剤を投与したらどんな副作用があるの?を新規投稿しました。
◆2016/10/20
女性ホルモン剤はどんな治療に使われているの?を新規投稿しました。
◆2016/10/19
女性ホルモンを高めてくれるサプリメントは?を新規投稿しました。
◆2016/10/18
女性ホルモンの働きを紹介しますを新規投稿しました。