女性ホルモン剤はどんな治療に使われているの?

ホルモン剤は、女性特有の疾患を治療するときに使用されることが多いですよね。具体的にはどのような時に使われるのでしょうか。紹介していきたいと思います。

■生理不順を改善する
女性にとって月のリズムを整えることは、毎日の健康を守るためにもとても大切なことです。生理不順を改善するためには、2種類の女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロンをしっかり体に送り込むことが大切です。
ホルモン剤の一種であり、利用者も多いピルは、2種類の女性ホルモンを含んでいるので生理不順の改善にぴったりです。また、ホルモン剤を通して補った分ホルモン分泌を抑えるという働きもあるので、辛すぎる生理痛を緩和するなどの効果もあります。

■不妊治療に役立つ
ホルモン剤は広く不妊治療にも役立てられています。排卵障害や着床障害など、不妊の原因によって使用するホルモン剤は異なりますが、その時に自分の体に必要なホルモンの量をホルモン剤によって増やすことで妊娠しやすい状態を作ります。
排卵誘発剤や、プロゲステロンのホルモン剤投与で、妊娠することができたという女性はたくさんいるんですよ。

■女性特有の疾患の治療
子宮内膜症などの女性特有の疾患の治療にも幅広くホルモン剤は使われています。乳がんや子宮がんの治療にも役立つと考えられています。
エストロゲンの分泌が減少するために起こると考えられている更年期障害の治療にも使われることがあります。

■幅広く活躍する女性ホルモン剤
女性にとって女性ホルモンはなくてはならない大切なものです。だからこそ、いろいろな場面で女性の健康のためにホルモン剤が使用されているんですよね。ホルモン剤の投与は医師にしかできないので、気になる人はまずは病院に相談しましょう。