女性ホルモンの働きを紹介します

女性ホルモンは、女性の体で大きな働きをしています。どのような働きを担っているのか紹介していきたいと思います。

美のホルモンと呼ばれるエストロゲン

エストロゲンは別名美のホルモンと呼ばれています。女性らしさや美容に深いかかわりのあるホルモンで、女性が心身ともに健康でいられるようにするためのはたらきを担っています。
エストロゲンの分泌が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れると肌荒れが起こったり、情緒不安定になりやすくなります。エストロゲンを増やして常に美しくいたいと考えている女性は多いですよね。
でもエストロゲンは増えすぎると乳がんや子宮体がんのリスクを高める可能性があると指摘されています。量を増やせばよいというわけではないので、ホルモン剤などで過剰に補いすぎるのは注意が必要です。

妊娠に深くかかわるプロゲステロン

もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンは、妊娠に深くかかわるホルモンです。子宮をフカフカの状態にして、受精卵が着床しやすい環境を作ります。女性が妊娠するためには必要不可欠なホルモンですが、情緒不安定になったり、肌荒れを招くなどの作用もあります。
排卵後、妊娠の準備をするために分泌が増えるホルモンなので、生理前にイライラしたり、肌が荒れるのは、プロゲステロンの影響も大きいといえるでしょう。
分泌が足りないと、黄体機能不全など不妊の原因を引き起すリスクもあります。黄体機能不全をはじめ、着床障害などの場合は、ホルモン剤でプロゲステロンを投与する場合もあります。

女性ホルモンはバランスが何より大切

女性ホルモンは、女性が生きていく上でなくてはならないもの。多すぎても少なすぎてもよくありません。何よりも2種類の女性ホルモンがバランスの良い状態を保っていることが重要です。