女性ホルモン剤を投与したらどんな副作用があるの?

女性ホルモンは、女性にとってなくてはならないものです。生理不順や排卵障害、着床障害などの妊娠に関わる不妊の原因にも効果を発揮してくれるので、不妊治療の一環として女性ホルモン剤が投与されることは多くありますよね。
その他にも更年期障害や、女性特有の疾患の治療にもホルモン剤は使われています。女性の健康を守るために大きな効果を発揮してくれるホルモン剤ですが、気になるのは副作用です。ホルモン剤投与による副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

■下痢、吐き気、頭痛を実感する人が多い
女性ホルモン剤を投与すると、下痢や吐き気、頭痛などの副作用が出る人が多いと言われています。とくに、不妊治療などでホルモン剤を使った場合は、吐き気や嘔吐などの副作用から、つわりと勘違いするひともいるようです。
どのくらいの程度の副作用が出るかは人それぞれですが、おおかれ少なかれ何らかの副作用を感じる人がほとんどです。

■その他の副作用
下痢や吐き気、頭痛以外にも発疹や発熱、めまい、むくみ、体のだるさ、食欲不振など様々な副作用を感じる人がいます。ホルモンのバランスがホルモン剤によって変わりますからその影響を受けて、自律神経氏失調症のような症状が出ることが多いようです。
更年期障害のように動悸や息切れ、イライラ、情緒不安定などの副作用を感じる人もいます。

■女性特有の副作用
不正出血や、胸がはるなど女性特有の副作用が見られるのも女性ホルモン剤の副作用の特徴です。エストロゲンの分泌を増やすホルモン剤を使用すると、生理前のような副作用が表れることが比較的多くなります。

■ひどい副作用は病院に相談
女性ホルモン剤は効果が大きい分、副作用も大きく出ることが多いです。ひどい場合は、我慢せずに病院に相談するようにしましょう。